2008年10月04日

おひとり様茶道人に必要なプロセス考(ドラフト)

はじめの一歩を踏み出すアイデアは以下の通り。

●環境重視コース
→京都に旅行する。抹茶を500円くらいでいただける観光スポットが
ある。京都には茶道関連施設が多いので、茶道をテーマにまわってみるとよい。特に宇治にはお茶のお店はもちろん、宇治川沿いに気軽に入れる茶室あり。
→日本各地の著名な庭園で飲んでみる。金沢の兼六園にも茶室あり。広間で薄茶がいただける。

※ただし、場所によっては点てる人がかならずしも茶道のプロというわけではないのでたまにハズレがある。

●リッチコース
茶道に詳しい知人を誘って茶懐石コースを体験してみる。
→正式な茶会に近い流れを体験できる。ただし結構なお値段。20000円〜

茶道を習っている知人に、お茶会があったら誘ってもらうように頼んでおく。大人数のお茶会は薄茶(1人用)、お弁当、濃茶(数名で回し飲み)で5000円〜くらい。

●リーズナブルコース
→茶道のDVDを買って概要を把握してみる。NHKの「趣味悠々」のものがわかりやすくてオススメ。
裏千家は教材が豊富で
DVDも結構ある。
3000円〜
クリック!お勧め茶道DVD!

→地域の催しで茶道に触れる機会を探す。調べると地元の茶道の人が点てる催しがある。行政発行の新聞やウェブサイトをチェック。
1000円以内
posted by 茶疾風(cha-hayate) at 21:34 | TrackBack(0) | お茶を研究する

この記事へのトラックバック
テクノラティお気に入りに追加する
|||||

カスタムサーチエンジン

↓茶道について、Q&Aサイトなどで調べたい方用の検索エンジンを設定しました。「お免状について知りたい」などの具体的な情報は、Q&Aサイトでの検索が便利です。横断検索しますので、こちらで「茶道 お稽古」などと入れてみてください。



過去ログ
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。