2006年02月18日

台目棚と曲建水

茶疾風です。

今日は寒かったですね〜。お稽古日だったので、昼間に家を出ました。その時は暖かかったのに、お稽古終わって外に出るとブルブルブルブル!

今日は「台目棚」が出ていました。このお棚の場合、木の枝の部分のフックに、羽根をかけたり服紗仕服をかけたりして面白いです。立体的な動きになりますね。

建水は、「曲建水(まげけんすい)」でした。わっぱのような建水です。初めて拝見しました。お点前のプロセスで、「建水をあげる(前に出す)」というプロセスがあります。ここで、つぎめのところ(「とじめ」といいます)に左手をあて、90度に回しながら前に出すという作業が発生します。つまり前に出た時は、「とじめ」が左側にくることになります。建水でこのような動きがでてくるのは珍しいそうです。


今日のお稽古は、ボクとお仲間の男性2人だけでしたので、早く終わりました。普段はもう少し時間がかかります。おしゃべりな人がいるか、いないかでこれだけ違うのかと思わず笑ってしまいました。

そのあとは、妻と合流してから雑貨屋めぐり、カフェでの休憩ののち、渋谷のラーメン店で排骨タンタンメンをたべましたとさ。

posted by 茶疾風(cha-hayate) at 21:29 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
 こんばんは。はじめまして。HNあずきと申します。初書き込みさせてさせて戴きました。色々熱心にお茶と向き合っていらっしゃるのですね。ところでチョッと伺ってよろしいでしょうか?本日の記事に台目棚の扱いとして「木の枝の部分のフックに、羽根をかけたり服紗をかけたりして」とございましたが、服紗をどのようにかけるのでしょうか?ご教授戴けましたら幸いでございます。
Posted by あずき at 2006年02月20日 23:40
あずきさん いらっしゃいませ〜。

申し訳ございません。「服紗」ではなく「仕服」の間違いでございました。上記記事も修正させていただきました。

仕服の打ち留めの方を緒の下に通し、緒を枝にかける、でした。

ボクはたまに、「水差を建水」「建水を水差」とか言い間違いをする、あわてんぼうなのでどうぞお許しください。本当に申し訳ございませんでした。
Posted by 茶疾風 at 2006年02月20日 23:55
以前こちらに遊びに来ました、「みき」です。
春から茶道を始める予定なのですが、やっぱりちょっと不安だったりします。

お稽古していただいている生け花の先生に習うので、そこまで心配しなくてもいいとは思うのですが・・・。
新しいことを始めるのは、ドキドキしてしまいますね。

茶疾風さんのブログ。
とても楽しいですが、わからない言葉もたくさんあります。
お茶のお稽古が始まったら、わかるようになるかしら?
それもまた楽しみです。
では、また。 

追伸:NHKの「茶をたしなむ」。
見逃してしまったので、来週こそは観てみたいです!




Posted by みき at 2006年02月22日 14:40
みきさん

いらっしゃいませ〜

何事も始める前は不安ですね。僕もそうでしたよ。正座できるか、が一番でしたが(笑)

有名なお金持ちの口ぐせに、

---やってやれないことはない。やらずにできるわけがない。---

というのがあります。僕は毎日唱えています。

>茶疾風さんのブログ。
>とても楽しいですが、わからない言葉もたくさんあります。
>お茶のお稽古が始まったら、わかるようになるかしら?

うぅ、痛いところを付かれました。

確かに、言葉に解説を加えていませんでしたね。必ずつけるようにします。

ありがとうございます!


Posted by 茶疾風 at 2006年02月22日 16:21
こんにちは。
また遊びに来させて頂きました。

義母のお教室にも男性がお二人ほどお稽古に来られています。
茶疾風さんの様にやはりとても熱心にお勉強されていて、
ついにご自宅にお茶室を作られてしまった方もいらっしゃいます。
お茶事の時なども、男性がいらっしゃると
雰囲気が引き締まる様な感じもします。
もともとは男性がされていた事ですものね、
もっと沢山の方が楽しまれたらいいなと思います。

明日は雛祭りですので、今日のお稽古に使う“桜餅”を作りました。
見て頂けたら嬉しいです。
Posted by honeybee at 2006年03月02日 16:20
honeybeeさん
いらっしゃいませ〜。写真拝見しました。めっちゃ食べたいです!お菓子食べたあと、すぐに抹茶のみたくなりませんか?

NHK趣味悠々でも久田宗匠がおっしゃっていましたが、「茶室も茶道具のひとつ」ということですね。たぶん、男性のほうが茶道にのめりこむと思ったりしています。
茶室は無理ですが、それに近いことはしたいですね〜。
Posted by 茶疾風 at 2006年03月03日 00:12
こんにちは。先日はご教授有り難うございました。私は、お茶のお稽古始めたばかりです。流派も茶疾風さんとは違う?かしら?正座も痛さに毎回汗汗です^^; これからも色々お話を拝見させて下さいね。
Posted by あずき at 2006年03月28日 13:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:


この記事へのトラックバック
テクノラティお気に入りに追加する
|||||

カスタムサーチエンジン

↓茶道について、Q&Aサイトなどで調べたい方用の検索エンジンを設定しました。「お免状について知りたい」などの具体的な情報は、Q&Aサイトでの検索が便利です。横断検索しますので、こちらで「茶道 お稽古」などと入れてみてください。



過去ログ
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。