2005年08月29日

想定ニーズから導くコンテンツ案

前回書いたニーズを元にコンテンツを考えてみました。

茶道をはじめる

茶道を勉強する

茶道を研究する

茶道を広める

茶道ブログをはじめる

茶道をビジネスに生かす



これに、メールフォームやメーリングリスト、メールマガジンなどの機能をつけていきたいと思います。

「茶道をビジネスに生かす」というテーマは、ぜひ深めていきたいと思っています。なぜなら、過去に日本人はそうしてきたからです。明治以降の財閥の名士たちも、茶道に夢中になっていたといいます。

デジタル社会と自然社会が融合し、かつての中世の時代の考え方が戻ってくる時代が到来するといわれています。茶道も四季折々の自然や人間関係、知識体系などなど大変強固なシステムをもっていますので、面白いことができると思っています。
posted by 茶疾風(cha-hayate) at 23:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | 茶男子コンセプト
この記事へのコメント
通りすがりのものです。突然失礼します。私もお茶してますので、足跡残させて下さい。

「ビジネスに茶道を生かす」と書かれてたのが印象的です。
ぜひやってほしいな。
私も考えてみたいです。
Posted by みち at 2005年09月04日 01:22
みちさん、こんばんは。ようこそ!

今は、愛知万博旅行から帰る新幹線のなかです。
万博は楽しく、名古屋は面白かったです。


さて、「茶道をビジネスにいかす」なんですが、安土桃山時代における茶道の位置付けを、現代に当てはめてかんがえてみようと思ってます。

面白いと思いませんか?
近いうちに軽く考察してみます。

またぜひいらしてくたさい!
Posted by hayate at 2005年09月04日 22:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:


この記事へのトラックバック
テクノラティお気に入りに追加する
|||||

カスタムサーチエンジン

↓茶道について、Q&Aサイトなどで調べたい方用の検索エンジンを設定しました。「お免状について知りたい」などの具体的な情報は、Q&Aサイトでの検索が便利です。横断検索しますので、こちらで「茶道 お稽古」などと入れてみてください。



過去ログ
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。