2008年03月17日

ちょっと待って!茶道の本を買う前に

茶道に興味を持ったあなた。特に男性の方。

本を買うのは、ちょっと待ってくださいね。

まずは、図書館に行って、借りてみてください。


いきなり、本を買わないほうがいい理由:

その1:流派の違い
●●流によって、お点前が異なるから
茶道に興味を持ったとき、そろえた本が「裏千家」だった。教室に
通うことになったら、そこは「表千家」だった。無駄になる、とは
言いませんが、やはり流派を決めてから書籍を買いたいですね。

その2:男性のお点前、女性のお点前
そろえた本には、女性しか登場していない。つまり、男性のやり方
「男点前(おとこでまえ)」が解説されていない。「男性の場合」
は、女性の場合とお点前が異なる場合があります。特に、表千家
では炭点前、濃茶点前、薄茶点前、それぞれの炉・風炉で女性と
かなり異なります(男性のお点前は、裏千家のそれに似ているそう
です)。

その3:出版社別の違い
出版社によって、流派が違います。主婦の友社は表千家、淡交社
は裏千家になるようです。後者の書籍は、書店によく置いてあり
ます。


結論:
まずは、図書館にいって「千利休関連本」「茶室解説本」「茶道の
エッセイ」あたりを幅広く読まれることをオススメします。
あとは、30歳半ば以降の読者を扱う男性誌では、茶室や茶会の
特集を組むことが増えてきました。そちらをチェックなさるのも
いいかもしれません。

まずは、夢を膨らませましょう。


この記事は、私の失敗談から来ています。とにかく買いまくって
茶道関連本を読んでいたのですが、後になって非効率だったこと
がわかりました。





posted by 茶疾風(cha-hayate) at 23:17 | TrackBack(0) | 茶道をはじめる

この記事へのトラックバック
テクノラティお気に入りに追加する
|||||

カスタムサーチエンジン

↓茶道について、Q&Aサイトなどで調べたい方用の検索エンジンを設定しました。「お免状について知りたい」などの具体的な情報は、Q&Aサイトでの検索が便利です。横断検索しますので、こちらで「茶道 お稽古」などと入れてみてください。



過去ログ
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。