2008年03月29日

お茶会、濃茶。

茶道のお稽古を続けて7年。何年かにいちど、茶道でいう本番にあたる「お茶会」にて、着物を着てお点前をさせていただいている。

初めてお茶会で披露したのは、立礼席(りゅうれいせき)という、テーブル&椅子スタイルのシーンでの薄茶点前。

次のお茶会では、広間での薄茶点前。

その次のお茶会では、珍しい茶箱のお点前。

そして、今日のお茶会では、
小間で、台目棚のパターンの、濃茶点前。
着物と袴などをいろんな人からお借りして、着せていただいて実現できた。

実際の道具を使った練習はほとんどできず、イメージトレーニングを毎日「寝る前のトイレ」「通勤電車の中」でやっていた。

80点くらいの自己評価をあげられるくらい、うまくいったと思う。

反省点はいろいろあるが、「型にはまらず臨機応変」というのが茶道の
醍醐味なので、そのあたりはよしとしよう。


全体的な人間観察も面白かった。

KYな人もいるし、素晴らしい人もいる。

posted by 茶疾風(cha-hayate) at 21:03 | TrackBack(0) | 日記

この記事へのトラックバック
テクノラティお気に入りに追加する
|||||

カスタムサーチエンジン

↓茶道について、Q&Aサイトなどで調べたい方用の検索エンジンを設定しました。「お免状について知りたい」などの具体的な情報は、Q&Aサイトでの検索が便利です。横断検索しますので、こちらで「茶道 お稽古」などと入れてみてください。



過去ログ
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。