2008年05月18日

お稽古に行ってきました

土曜日は茶道のお稽古に行ってきました。

天気雨がばらつく中、今回も楽しいお稽古となりました。



もうすぐ、お茶会なのですが、今回のお茶会では私のお点前はないので、少し気楽に過ごしています。先輩方は、練習に余念がありません。

お茶席がいくつかあるパターンのお茶会で、当初私達の教室は「お薄席(※1)(薄茶をお出しする席)」を担当する予定で、みんな気楽に構えていました。

ところが、急に会場の都合で「濃茶席(※1)」の担当に変わってしまったから、さあ大変。

お茶会でお点前を担当する皆様は、風炉(※2)の濃茶点前に変えて練習です。お茶会まで日がないので、今回が最後の練習になります。

でももっと大変なのは、先生です。当日、会場で使う道具をそろえていたのですが、薄茶席用の品揃えから濃茶席用の品揃えに変更しなければなりません。掛け軸からお茶碗、お仕覆から組み合わせが大変なのです。お菓子も変えなければなりませんし。

と、驚くわけですが、茶道は結構「急は変更、当日のアレンジ」には融通が利くようにできていると思っています。それはそうですね、当日の自然の影響、お客さんのご都合など、いろんな変動情報に対応するのが茶道の真髄ですからね。

そんな先生、先輩方には申し訳ありませんが、当日は撮影担当やお客様の誘導など、裏方をがんばりたいと思います。

●参考情報
※1「薄茶」「濃茶」などの抹茶について(wikipediaへ
流派により、お好みのお茶が違います。

※2「炉」「風炉」について(wikipediaへ)
「炉」床の一部を四角に切り、炭をおこして釜を置き、お湯を沸かします。11月の炉開きから4月末まで使います。
「風炉」立体的な炉。5月から10月末まで使います。↓のような感じです。





posted by 茶疾風(cha-hayate) at 10:05 | TrackBack(0) | 日記

この記事へのトラックバック
テクノラティお気に入りに追加する
|||||

カスタムサーチエンジン

↓茶道について、Q&Aサイトなどで調べたい方用の検索エンジンを設定しました。「お免状について知りたい」などの具体的な情報は、Q&Aサイトでの検索が便利です。横断検索しますので、こちらで「茶道 お稽古」などと入れてみてください。



過去ログ
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。